利用したほうが良いのか|MVNOが支持される理由|時代に追いつけ
女の人

MVNOが支持される理由|時代に追いつけ

利用したほうが良いのか

電話とPC

料金はどうなる

固定電話をひかり電話にすると、月々の基本料金が500円程度になります。契約内容にもよりますが、1000円以上安くなる場合が多いです。電話とFAXで番号を使い分けたい場合などでは、1つ100円で最大で4つまで番号を追加できるので、合計5つの電話番号を利用することができます。通話料金も県外などの距離に関係なく、国内では3分8円と安くなりますし、携帯電話への通話も安くなります。さらに無線LAN(Wi-Fi)の環境があれば、利用中のスマートフォンで、ひかり電話を使うことも可能です。ナンバー・ディスプレイやキャッチホンといった、従来のサービスも利用できますし、「110」「119」といった番号も利用できるので安心です。

固定電話との違い

ひかり電話は、光回線によるインターネット接続環境がなければ使用できません。そのため、利用には光回線の開通工事と、プロバイダーとの契約が必要です。災害などで停電してしまうと、使用できなくなりますが、通常は固定電話と同じように使えます。解約して固定電話に戻す場合や、他社に乗り換える場合に、固定電話の番号をそのまま利用するなら、光回線導入前に休止の手続きなどをしておく必要があります。ただし、ひかり電話で新規に取得した電話番号は、回線事業者を変更すると、利用できなくなるので注意が必要です。基本料金や通話料に加え、サービス面でも固定電話より有利なことが多いので、光回線を利用するなら、ひかり電話も検討した方が良いでしょう。